• 見学予約
  • 資料請求

HOME > 二次会

宴会・二次会

岐阜中津川のパルティールプラス内に2016年7月新しくOPENしたパーティーホールPARTIR AI!さまざまなシーンに大活躍。

アットホームに自分たちらしく…たくさんのゲストの方と賑やかな時間を…など
ここだから叶う贅沢な時間をお楽しみください!

パルティールAI二次会プラン

スタイル ビュッフェ料理 / 飲み放題
収容人数 20名様から最大240名様まで承ります
予算 お一人様5500円(サービス料込)
※パルティールプラスで挙式の方は割引あり
特徴 新郎新婦控室 / クローク / カラオケ / ピアノ / プロジェクター・スクリーン / マイク設備 / ステージ / バンド演奏可能 / CDデッキ / 音響設備 / 照明設備 / Free Wi-Fi / パソコン接続可
FOOD バーニャカウダー / 生ハムとチーズの盛り合わせ / ピザ / シェフのきまぐれパスタ / ミニハンバーガー / ローストポーク / グレープフルーツのジュレ / パンナコッタ / ガトーショコラ / フルーツタルト / ラズベリーのムース など
DRINK ビール / 焼酎 / ウィスキー / 梅酒 / カクテル各種 / ソフトドリンク各種 / ノンアルコールカクテル各種
お得な特典 新婦様2次会用ドレスお好きな1点レンタルプレゼント
送迎バスプレゼント
会場費・設備料金(2時間)サービス
キャンドルサービスプレゼント
オリジナルウェルカムボード作成プレゼント
会場装飾料サービス
音響証明機器使用無料
ビデオプロジェクター使用無料
通信カラオケ機材使用無料
プチギフト用かご無料貸し出し
ビンゴ機材無料貸し出し
※オプションでオリジナルウエディングケーキも
ご用意いたします。
chouchouのページはこちら
  • アクセス

幹事さんの人選・人数は重要です

二次会の成功を握る幹事さんを決めるポイント

お金のやりとりがあるうえ、やるべき仕事が多いので、長年の友人など、信頼できる人に頼むのが一番! ひとりに任せると負担が大きいので、何人かにお願いしてふたりが間に入り、フォローし合える関係を作るのが理想です。

幹事をお願いしたいのは?

・ふたりが信頼できるひと
・企画、イベントが好きなひと
・協調性があるひと
・幹事経験があるひと

仲のい友人へ頼む人が多い幹事さんにはふたりから依頼を

先輩カップルの多くが二次会で幹事さんを立てます。幹事をしてもらう友人には、必ずふたりからの依頼を。依頼相手は1位「新郎の友人」、2位「新婦の友人」、3位「新郎の職場の同僚」が多い。ふたりにとって身近な友人や職場の人に協力してもらうことが成功するポイントです。

きちんと管理してくれる人に会計係りも早めに決定を

二次会はお金の出入りが煩わしいので、会計係の人を立てるのがベスト。最初にふたりから必要経費を渡して、収支の明細をすべて書き残してもらい、最後に精算するやり方が安心。幹事さんふくめて、二次会当日の集金の方法やお金の管理など事前確認はしっかりと!

  • アクセス

二次会の基本的な流れ!

準備は「ふたり」が、当日は「幹事さん」がリード!
当日までのやることスケジュール

準備は4~5カ月前から始めたいもの。当日の仕切りは幹事さんにお任せするにしても、ゲストのリストアップや会場選び、招待状の発送などはふたりがリードして進めるのが一般的。まずは下の表で当日までに「やること」と、準備のスケジュールを理解して、どんなふうに役割分担するか、幹事さんと話し合いましょう。

やること 注意点など…
本番4〜5ヶ月前 幹事さんをお願いする 信頼できる人に早めに依頼を。ふたりから直接出向いてお願いすればより丁寧。
ゲストをリストアップ 年末年始やイベントのある日などと重なる時期は意外と来られないゲストが多いので、そのこともふまえて人数設定を。
本番3〜4ヶ月前 会計担当を決める 事前に必要な予算を渡すのか、会費をもらった後の清算にするのか明朗に。シビアに管理できる人が適任。
本番1〜2ヶ月前 招待状を送る 携帯メールで案内を送るケースが増加中。何人かのゲスト代表に返事のとりまとめをお願いすると返事の促進にやきもきしなくてよいので安心。
出欠を集計する 「二次会全体で使えるお金の総額」を決めるためにも、人数把握は重要。来るゲストの顔ぶれにあわせて席順や演出を考える時も役立てて。
予算を再確認する 正確な収入が確定したら、演出や景品などに使える費用を割り出して。予算について幹事さんや会計担当にも共有。
演出・企画を決める 余興やスピーチの依頼は早めに。会場で使える備品、持込料の有無、NG項目も事前に確認。
2次会専属プランナーと打ち合わせ スペシャリストの専属プランナーが今後の準備アドバイスや当日の流れのご相談もできるので安心。
本番直前 備品を購入する 景品やクラッカー、色紙など、購入リストを作成。領収書は保管してもらい、ふたりも経過を把握して。
最終確認をする 混乱を避けるため、「会費を集める人」「名簿をチェックする人」「席に案内する人」などの役割分担を。
本番当日 受付・会費集め 景品やクラッカー、色紙など、購入リストを作成。領収書は保管してもらい、ふたりも経過を把握して。
本番の運営 いよいよ苦労が報われる時。でも「時間がおす」などのトラブルはつきもの。冷静に対処を。
片付け・三次会への誘導 終了後は片づけや清算を済ませ、三次会の会場へ誘導を。
  • アクセス

気になる!プログラム&演出

にぎやか、なごやか、おしゃれ…など!
どんな二次会にしたいのかを明確に

パーティの雰囲気は、ふたりの希望と、ゲストの顔ぶれの両面から考えて「にぎやか」「なごやか」「おしゃれなオトナの雰囲気で」などイメージを膨らませて。初対面同士のゲストが多い場合、ゲスト同士が交流したり仲良く一緒に楽しめる演出の工夫をすると喜ばれる。 パーティのスタイルは、立食は3割、着席は6割と、着席スタイルで楽しむ人が多いよう。立食でビュッフェスタイルのパーティなどにする場合は、長時間のハイヒールなどでゲストが疲れた時にすぐ座れるような配慮があると親切。

当日の係りを決めておこう!受付・撮影司会など、役割分担を…

幹事さんや会計係の人以外に、当日だけ協力してもらうスタッフをお願いしておくと、忙しい開演前も運営がスムーズ。
受付(4~6名)、撮影(2名)、司会(1~2名)、などをお願いできると安心。
二次会を手伝う人たちで顔合わせもかねて集まれるような場を新郎新婦が事前に用意するのもアリ。

パーティーの雰囲気に合う演出がBEST
人気の演出はクイズ・ビンゴ

新郎新婦のスピーチ、ケーキカット、プロフィール紹介の映像上映など披露宴でも行う演出は、披露宴に招待できなかったゲストへのおもてなしとして人気が高い。お楽しみプログラムの定番はやっぱり、クイズやビンゴ。新郎側と新婦側のゲストをシャッフルしてグループ分けするなど、チーム対抗にしたり、クイズのネタを新郎新婦にちなんだものにするなど、ゲストが盛り上がる工夫をこらして。

センスやアイデアを生かしたプレゼントを!
プレゼントや景品は注目の的

二次会のクイズやゲームの景品は、ゲーム機や旅行券、商品券、メロンや牛肉などの高級食品、その時話題のテーマパークや温泉旅館のチケットなどが定番人気。
お米や折りたたみ自転車などの重い商品は、持ち帰るのが大変なので、当たった人のところに直接発送されるよう心遣いを。

  • アクセス

いよいよ本番!ふたりと幹事さんで本番を乗り切ろう

1週間前にトラブル会費のための最終チェックを!
直前のチェックもサポートします

本番の一週間前になったら、最終人数をお知らせください。予約内容に間違いはないか、スクリーンや音響・照明設備が使えそうかもリハーサルを行いましょう。受付で必要となる、おつり用の小銭なども忘れずに準備して。封筒に金額を書いておくなど係の人が管理しやすい工夫を。必要な備品がそろっているかも改めてチェック。

・お釣りの準備
・リハーサル
・備品の準備

  • アクセス

ブライダルフェア

見学予約

ブライダルフェア

見学予約

ページの先頭へ